about

 
 
 
滞留在庫に新しい価値を。
 
 
 
 
 
企業が工夫をこらし、努力した結果、世の中に商品が溢れかえり、
一度も利用されずに倉庫に滞留してしまう商品をたくさん生み出してしまいました。
中には、新品のまま廃棄されてしまう商品もたくさん存在しています。
 
 
 
 
 
SDGsの目標12「つくる責任 つかう責任」を果たす持続可能性のあるサービスとして、
滞留在庫を減らし、モノを捨てない、モノを使い続けるために
RUKAMO(ルカモ)は始まりました。
 
 
 
 
 
全品ポイント還元率50%で比類のないお得感を提供し、
多くのお客様にご利用いただいていますが、
RUKAMOでも売れず、残ってしまう商品が存在します。
 
 
 
 
 
そのような滞留在庫に新しい価値を与えられないかと、
今回、アップサイクルという取り組みに焦点を当てました。
 
 
 
 
 
滞留在庫のもともとの形状や特徴を活かしつつ、
新しいアイデアを加えることでモノの新しい価値を生み出す
RUKAMOアップサイクルを新たにはじめます。
 
 
 
 
 
アートの力で
滞留在庫を新しい価値に変換する。
 
 
 
 
 
「アップサイクルアート」を
いくつもの空間に取り入れられるよう
アーティストとコラボレーションしながら生み出していきます。
 
 
 
 
 
本来、価値ある商品が新たにスポットライトを浴びることを願っています。